葬儀に着て行く喪服の選び方について

葬儀に着て行く喪服の選び方について

葬儀に参列するときは基本的に喪服を着用していきます。 喪服は、喪服販売店などで購入することが出来て、比較的値段が高額なものが多いです。 しかしあまりにも薄っぺらいペラペラな喪服を着て行ってしまったら、安っぽい人だと思われてしまうので、ある程度素材の良い物を選んだほうがいいと思います。 素材がいいものは値段も張りますが、そこはお金を掛ける所なので、しっかりとした素材のものを購入した方がいいです。 そして喪服にはサイズがあるので、正しいサイズのものを選んだほうがいいです。 サイズがあっていない喪服を葬儀に着て行ってしまったら、変な感じになってしまうので、しっかりとしたサイズの喪服を選ぶように心がけたほうがいいです。 こういったことに気を使うことによって、ふさわしい服装で葬儀に参列することが出来ます。 葬儀というのは服装にしっかりと気を使わなければならない場なので、喪服などを選ぶときは試着をしてから選んだほうがいいです。


葬儀の一連の流れを知る

葬儀に参加することになった方は、事前に葬儀の流れを把握しておくことで当日、自身だけでなく相手側を困らせてしまう心配がなくなります。

・通夜
通夜は正式には葬儀ではありませんが、流れのうちの1つですので一緒に覚えておきましょう。 通夜は、葬儀の前日の夜に行われるもので、一般的に深い間柄でなければ通夜のみの参加というケースがほとんどです。 通夜の時間は概ね2時間程度で、会場を訪れたらまずは香典・記帳を行い着席の説明にしたがって席につきましょう。 その後、焼香の案内がありますので、順番に焼香を行います。 通夜振る舞いの席に案内されたら、できるだけ断らずに短時間でも良いので参加することがマナーです。

・告別式・葬儀
告別式および葬儀はある程度、親交の深かった方が亡くなった際に出席することが一般的です。 流れは通夜と焼香まではほぼ同様となっていますが、振る舞いの席は無く代わりに故人の出棺を見送る「別れの儀」と呼ばれるものがあります。 別れの儀では、喪主の挨拶の後に出棺が行われますので、その際にはコートを脱ぎ、合掌して見送りましょう。

Calendar