葬儀の際に女性が持っていったほうが良いもの

葬儀の際に女性が持っていったほうが良いもの

女性が葬儀に出席するときには、どのようなものを持っていけばいいのでしょうか。 まずは、香典です。 香典は香典袋にむき出しで持っていってはいけません。 香典袋は袱紗に包んで持っていくのが、葬儀のマナーです。 一般的には紫色の袱紗を使います。 また、葬儀に欠かせないものといえば、数珠があります。 数珠というのは、焼香をするときなど、葬儀全般で活躍します。 ハンカチも持っていくといいでしょう。 葬儀の際には、故人との思い出に感極まってないてしまうことも考えられます。 そんなときハンカチがあると便利です。 しかし、あまりにデザインや色が派手なハンカチは、葬儀の場にふさわしくありません。 他に持っていくと便利なものとしては、ストッキングがあります。 もちろん、葬儀に出席をする際にはストッキングをはいていくでしょう。 しかし、伝線してしまったときの予備として持っていくのです。 後はこれらを、黒いハンドバックに入れておけば完璧となります。


自由な葬儀で故人を悼む

葬儀の形式は主催者が自由に決定して良く、葬儀を業者に依頼するときも自由な発想で葬儀が出来るようになっています。 そして、こうした全ての形式を自由にして行なう葬儀の事を自由葬と言うのです。 自由葬の中身は本当に自由で、無宗教で行なっても構いませんし、宗教上の慣習を全面に押し出しても主催者の自由です。 当然、故人の要望を取り入れることも可能で、遺族や友人の意見を取り入れても構いません。 やりたいようにできるのが自由葬のメリットだからです。 ただ、一つだけ注意点があります。
自由葬の場合にはその形式上、宗教儀式を行なわないことも考えられますのでそれの代替となるプログラムを自分達で考えなくてはいけなくなります。 無宗教の場合には遺族の方々が率先して行なわなくてはいけなくなりますので、それが葬儀の代わりとなります。 この葬儀は、遺族の葬儀に関する負担が若干重たくなる代わりに自由な方法で故人を悼むことができる事を言いますので、葬儀に関しての負担と受け取ることができるメリットの双方を考えて実践しなくてはいけません。

Calendar