葬儀で損をしないために。

葬儀で損をしないために。

葬儀で損をしないためのポイントがありますので紹介致します。 そもそも葬儀の費用というものはオプションの足し算で決まっていきます。 これをしたらいくら、これをつけたらいくら、といったように、やればやるだけ葬儀の費用がかかってくるのです。 まず、損をしないためにどうするべきか。 葬儀が決まったら葬儀業者との打ち合わせになります。 ここで葬儀業者はいろいろなプランをもっています。 そのなかでもこの家にあった、この家相当と思われるプランを紹介してきます。 もちろん、他との比較なんかしません。 これでいきましょうと言わんばかりの勢いです。 葬儀業者もやはり出来高です。 より高い葬儀にさせた方が自分の成績に繋がります。 ので、この家のレベルにあった葬儀を出してくるのです。 ただ、実際には提案されたものより下のランクのプランで充分なことがほとんどです。 業者から紹介されたら、遠慮なく、 もっと下のランクのものも見せてくださいといいましょう。 これたけでだいぶ無駄な費用を抑えることができます。 機会があればお試しください。


葬儀とバリアフリーについて

葬儀を執り行う際には、式場を選んでいる方も多いと思います。式場には式場のメリットがあるので、自宅ではなくこちらを選ぶ方も多いのですが、その際に気をつける必要もあるのです。そこで、葬儀とバリアフリーについて、確認しておきましょう。 葬儀を行う会場のバリアフリー化されているかどうか、ということは見ておきたいところです。特に段差は、何か傷害を持っている方でなくても年配の方にとってはつらいものがあるはずです。そのような点にも気をつけておくことで、より安全に利用できる葬儀の会場を選ぶようにしておきましょう。 特に気をつけたいのが、やはり車いすです。車いすを利用する方がいるときには、まずこの点を重視して会場を選んでいくとよいでしょう。 葬儀の会場を選ぶときには、このようにバリアフリーについて確認しておきましょう。この点について見ておけば、後でバリアフリー関連のトラブルが起きることも抑えることができるはずです。

Calendar