最近の葬儀に見られるスタイル

最近の葬儀に見られるスタイル

葬儀のスタイルは時代と共に少しずつ変わってきています。昔は故人の自宅で葬儀を行うのが一般的でしたが、最近は自宅での葬儀は少なくなっており、葬儀会社が所有するセレモニーホール等を利用する方が一般的になっていると思います。また、葬儀に参列する人数にも変化が見られており、大々的な葬儀を行う例がまだ多いですが、身内だけでひっそりと行う家族葬と呼ばれるスタイルも珍しくなくなってきました。 昔の葬儀は、それこそ生前にお付き合いのあった方達がこぞって参列するスタイルが基本だったと思います。その為故人の生前の交友関係によっては、参列者が何百人にも及ぶことも珍しくありませんでした。現在この規模の葬儀を行う場合は、比較的大き目な葬儀会場を使用して行うことになるでしょう。 こうした大規模な葬儀に対し、家族やごく親しい方のみで行われるのが家族葬です。家族葬の場合は小規模な葬儀になり、葬儀の準備や費用面での負担が小さいのが特徴です。参列者が少ない為使用するホールも小さくなりますが、最近の葬儀会社は家族葬専用の小さいホールを備えていることがとても多くなっています。


日本の変化しつつある葬儀

日本の葬儀は、通夜の後告別式を行うというのが一般的ですが、通夜と告別式違いは何なのか、やっている事は同じなのではないかと疑問に思う人は多いと思います。 通夜は故人の身近な人が冥福を祈り故人と最後の一晩を過ごす事が主な目的なので、親しい人以外は参列できない事が多いですが、告別式は勤務時間中に行うことが多いので、仕事の都合上通夜には参加するが告別式には参加しないという人が増えています。 告別式は、坊さんが故人をこの世から解き放ちあの世へ送り出す儀式であり、一般的には告別式の招待状が送られることが多いです。 日本の葬儀は昔ながらの部分が数多く残っており、昔の基準で考えられたものなので現代には向いていない部分もあります。 人とのかかわりも薄くなったのでわざわざ葬儀を開かず家族でひっそりと火葬して終了という家庭も増えていますし、葬儀の意味を深く考えない人が多くなっているので、近い将来今のような凝った葬儀はなくなるかも知れませんが、どのように変わったとしても故人を送り出す冥福の気持ちは忘れないで欲しいです。

Calendar